このブログについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告

このブログは、田舎の自称進学校(偏差値で言うと60前後)に通っていた私が、
大阪大学経済学部に合格するためにやっていた受験勉強を紹介するブログです。
理系の方、東大京大といった超難関校を目指している方の役には立てないかもしれませんが、
かつての私と同じように、中高一貫校や有名進学校以外の高校からなんとかして難関校の合格を勝ち取りたい!と思っている受験生の力に少しでもなりたいと思い始めました。
自分が受験生のときに知りたいと思っていた情報を中心に上げていくつもりですが、
もし他に知りたいことがあれば、参考にするので、遠慮なくコメントいただけるとうれしいです^^♪
身バレするような情報でなければ可能な限り対応します(笑)
このあたりでとりあえず自己紹介をしておこうと思います。
【高校】
まず、上で書いたように高校は受験だけを見ると平凡なところでした。
進学実績も正直に言うとパッとせず、旧帝大に現役で合格したのは私が最初のようです(身バレしそう)。
授業の内容は可もなく不可もなくと言ったところで、生徒の学力のボリュームゾーンに合わせている印象でした。
自称進学校にありがちですが、ほとんどの人が現社を使うので倫理と政経の授業がセンターを意識しておらず、倫政はほぼ独学でした。
それでも、1・2年時の勉強(あまりしていませんでしたが汗)は学校の授業がメインでしたし、古い赤本を譲り受けることができたり感謝しています。
【いつから受験勉強を始めたか】
受験勉強を始めたのは2年9月からで、それまでは定期テストの勉強以外何もしていませんでした。
そもそも受験勉強を始めた理由も、なんとなく英検を受けた流れでセンター英語を解き、6割程度というあまりの成績にがくぜんとしたからで、
始める前は志望校についても深く考えていませんでした。
それでも、受験勉強を始めてからは、2年1月の時点で26年度センター英語を解き187点をとりました。
3年の夏にはセンター5教科7科目で780点(86%)をとるようになり、2次試験も合格圏内に入っていました。
3年冬には、河合塾の阪大即応オープンで冊子に載りもしました。
これは、自分で言うのも何ですが、勉強の要領がそこそこよかったのかなと思っています。
要領は本当に大事です。量より質です。もちろん量も必要ですが、どう勉強すれば成果が出るかを理屈で考えてから計画を立てることが最優先です。
このあたりは別の記事で詳しく書きます。
【部活】
部活は文化部で引退も3年6月と早かったので、あまり参考にならないかもしれません。
【勉強の環境】
よく、勉強には自分の部屋がいると言いますが、必ずしもそうではないです。
私は自分の部屋がなく、家にいる時はリビングで勉強していました。
かなりテレビに妨害されます(笑)
なので本当に勉強したいときは東進の自習室を使わせてもらっていました。
塾は東進だけです。東進は好きな講座を一つずつとっていく方式ですが、私は2講座だけとりました。(これも別の記事で書きます)
それと通信教材のZ会をやっていました。
あとは参考書だけです。
主にこの3つで受験勉強をしました。
かかった費用は、あまり大きな声では言えませんが1年+半年で40万円程度です。
18ヶ月ですから、月割にすると2万ちょいです。
その程度の保護者の協力はどうしても必要になってしまうのかもしれません。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存