経過報告その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告

まず成績の目安を。
高校2年8月の夏休みセンターを解いてみた結果がこちら。☆印はこの時点で未習の教科です。
・国語…137
☆日B…50
☆倫理…55
・数1A…46((((;゚Д゚)))))))
☆数2B…解いてないようです。
☆理科…過去問がないです。
・英語…111((((;゚Д゚)))))))
数学、2B、リスを除いて399/700で得点率は57%ですね。
うーん、何とコメントしたらいいか分からないのですが、とりあえず1Aと英語がひどすぎます。
このとき勉強しようとやっと思いました。
ちなみに現社は60点だったようです。既習なのに…
このとき克服しないといけないと感じていた分野は
国語→古文とちょっと小説
数学→円、難しい問題すべて
英語→長文とリスニング
日本史→近代史
だそうです。
受験勉強というか英検の勉強ですが、最初に勉強として始めたのはビジュアル英文解釈です。
2013/09/23-2013/10/09の期間でpart1を終わらせました。
やり方は以下のとおりでした。
焦点読む→ノートに全訳(ボキャブラリーは見ない)→解説みながら間違っていたところをメモ→意味を意識しながら音読
これを一日2個で、翌日に復習(もちろん翌日は翌日で新しく2個進める)
ノートに書いてある間違いメモを見てから、音読1回
噂通りの良書でぐんぐん長文が読めるようになりました。
たとえばnot A but Bやso that構文が離れている場合に認識できないということに気付けるなどの効果がありました。
英検2級の筆記は、6月の時点で過去問を解くと45問中26問正解と散々でした。
8月でも、筆記29/45、リスニング15/30で44/75点。その年の合格点が43点なのでギリギリです。
この頃が長文がからっきしでした。確かこの間に単語帳をやった気がします。旺文社の。
話が逸れますが英検は旺文社の参考書を使うといいです。英検を作っているのが旺文社ですし。
あとは東進が1800というアプリを出していて、アプリなのでものすごくやりやすいです。単語帳はアプリをおすすめします。
あの本をマスターすればセンターはほぼ大丈夫です。二次は少し足さないといけませんが…
そして、ビジュアル英文解釈を買って5日目にまた筆記をやった結果が筆記35/45、リス15/30。
リスニングは進歩していませんね。
ビジュアル英文解釈を終える3日前には、筆記40/45、リス25/30まで上がっていました。
本番は筆記38/45、リス25/30で、無事一次試験合格です。その後二次試験も通りました。
センターで測ると、111→156になりました。センター英語で156点とったのはビジュアル英文解釈を終えて10日後の10/19です。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存