【英語】単語帳で覚えていることと長文で使えることは違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告

英語の全体的な学習法はこちら

みなさん単語は覚えていますか?
センター英語なら東進のセンター1800がおすすめです。
宣伝文句の通り、これを完璧にすれば未知単語はほぼありません(でてきても点数に影響しません)。それに使いやすいです。

二次試験は、私はターゲットと速読英単語上級編を使ってなんとかしました。

まあ、単語帳はデザインやレイアウトが自分に合っていることが一番大事なので、本屋で見てみてください。
平積みされているものなら、どれを選んでも必須単語をカバーすることはできます(センターレベルなのか二次レベルなのかは確認してくださいね)。

単語帳で覚えていることと長文で使えることは違う

では、今回の本題です。
単語帳をひたすら回すだけの勉強は、語彙力を上げるには不十分です。

なぜかというと、単語帳をずっと使っていると、だんだんページ数や前後の単語などで目星がつくようになってきてしまいます。
これではちょっと不安です。受験は単語帳そのものを覚えて当てる試験ではありません。

ならどうすればいいのかというと、長文を読むことに尽きます。
当たり前ですが、実際に入試で出会う単語は過去形だったり複数形だったり単語帳とは違う形になっていることが多くあります。
そのような場合でも一瞬で意味が浮かぶなら、その単語はマスターしたと言えるでしょう。

なので速読英単語は特に効果的な単語帳です。難易度が高いので、購入するならセンター英語が余裕になってからでないと厳しいかもしれません。

長文読解はやればやるほど、上述した語彙力だけでなく読むスピードも上がります。
英語は語学なので上達には実践が不可欠です。努力が反映されやすい科目なので、是非ものにして敵に差を付けてください。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存