【8割到達】センター英語のポイントは長文の読み方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告

先日、センター英語が解けないという子を見る機会がありました。

適当な英文を和訳させたところ、
・英語を英語のまま取る、ということができてないこと
・先を予測しながら読めてないこと
・聞き手が理解しやすいような音読ができないこと
がわかりました。
※単語も足りていませんでしたが、長文解釈だけの話ではないのでカットします。

これらを解決するために、
・黙って一読した後、自分の言葉で簡潔に説明できるように読むべし(脳内メモリに一時保存せよ)
・giveを見たら人物とモノが出てくる、suggestを見たらthat説が出てくると予想すべし
・長文を読んだ後、意味を思い浮かべながら、意味で区切りながら、人にスピーチするように音読すべし
と伝えました。
これができれば8割は余裕です。
私は2年の9月に初めてセンター英語を解き、110点ぐらいでしたが、
1ヶ月勉強して160点まで上がりました。
その後8割を割ったことは一度もありません。
英語は一番点が取りやすい科目なのです。

一つ目についてですが、英語を逐語訳するのではなく、一度頭に入れないとダメです。
高校生に英文を読ませたあと、英文をしまって「何が書いてあった?」と聞くと、英文を思い出しながら逐語訳していました。
このやり方はタイムロスがとても大きいです。
問題を解くときに戻らないといけなくなります。
本文→問題と直接移すのではなく、本文→頭→問題という流れが必要なのです。

単語や文法に問題がなく、短文なら訳せるのに、
「長文になるといまいちわからない」「時間が足りない」という人は、一旦頭に入れるプロセスができてないのでしょう。

二つ目は、日本語を読むときにも自然にやっているだろうことです。
これをやるとやらないでは、理解の深さもスピードも全く変わります。

三つ目は英語の構成というものを体で覚えるためのものです。リスニングもよくなりますよ。

8割までは、上記のことを実践していればいけます。
8割→9割は慣れです。
9割→10割は最初の方の大問2とかを極める必要がありますが、コスパが悪いので他の教科が仕上がってからやりましょう。

広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存